表彰演題

一般演題(口頭) 最優秀演題賞

一澤 里枝(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター)
「製薬企業における医薬品情報提供の課題」

一般演題(口頭) 優秀演題賞 (順不同)

野口 真里茄(静岡県立大学薬学部)
「健康食品の摂取に伴う有害事象情報の収集と報告:保険薬局を対象とした調査」

山本 健(昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター)
「一般消費者に対する医薬品情報の利活用に関する現状調査」

一澤 里枝(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター)
「製薬企業における医薬品情報提供の課題」

三木 晶子(東京大学大学院薬学系研究科)
「消費者の一般用医薬品使用上の問題行動に関する実態調査」

学生ポスター優秀賞 (順不同)

柴田 渉(京都薬科大学 臨床薬学教育研究センター)
「医薬品副作用データベースを用いたレボフロキサシンによる低血糖発現に関する解析」

南 絢子(慶應義塾大学 薬学部)
「一般用医薬品添付文書の理解度を改善するための形式に関する研究」

丹羽 浩子(名城大学薬学部)
「一般用医薬品の乱用による副作用の実態と患者背景との関連性に関する研究」

森 千与(名城大学薬学部)
「リトドリンによる重篤な副作用の発現に寄与するリスク因子の探索」