2009年3月までの医薬品情報学会学術誌の検索

2009年3月までの医薬品情報学会学術誌 JJDI

発行 医薬品情報学 第1巻 第1号 発行1999-08 ISSN
巻数 第1巻
号数 第1号
概要
 巻頭言
 平成10年11月29日開催「薬学領域における医薬品情報学の在り方ワークショップ」講演より
  山崎幹夫
 1 医薬品情報学教育に関するアンケート結果
  榊原仁作
 2 学生および職員に対する医薬品情報学教育の現状と問題点
 学部および大学病院の場合
  旭満里子
 中堅病院の場合
  奥隅貴久美
 保険薬局の場合
  下平秀夫
 3 製薬企業における医薬品情報学教育の必要性
  安藤公一

 

  資料タイトル   ダウンロードファイル
 目次   目次
 編集後記  編集後記 M.M.
本資料  医薬品情報学 第1巻 第1号.pdf
発行 医薬品情報学 第1巻 第2号 発行1999-12 ISSN1345-1464
巻数 第1巻
号数 第2号
概要
 グラビア
 名城大学薬学部 医薬情報センター  大津史子
 インタビュー
 第2回日本医薬品情報学研究会総会・学術大会を終えて:榊原仁作氏に聞く
  原 明宏
 連載・PMS今昔
 第1回 PMSの大きな流れ
  岡田 清三郎
  連載・コンピュータ用語解説
 第1回 コンピュータ2000年問題
  水島洋
 連載・UIC薬学部における医薬品情報学教育
 第1回 質疑におけるシステマチックアプローチの教育方法
  加藤恵子  橋口正行  力久忠昭
 会員報告 
 (教育)北海道薬科大学における医薬情報学教育 【PDF】
  黒澤菜穂子  伊藤敬一
 海外情報
 Conference学会たより/第59回FIP国際大会「立ち向かう挑戦と達成するサイエンス」
  泉澤恵
 HP紹介
 「医薬品情報システム」-21世紀に向けた「医薬品情報図書館」-
  折井孝男

 

  資料タイトル   ダウンロードファイル
 目次   【PDF】
 編集後記  M.I. 【PDF】
本資料  医薬品情報学 第1巻 第2号.pdf
発行 医薬品情報学 第2巻 第1号 発行2000-03 ISSN 1345-1464
巻数 第2巻
号数 第1号
概要
 グラビア
 (財)日本医薬情報センター(JAPIC)
 インタビュー
 (財)日本医薬情報センター理事長・三宅浩之氏に聞く:JAPICの組織と情報提供のとりくみについて
 総説(1)
 第2回日本医薬品情報学研究会総会・記念講演:処方・調剤と医薬品情報
   堀岡正義
 連載・PMS今昔
 第2回 医薬品の市販後安全対策について思うこと
   安倍道浩 
 連載・コンピュータ用語解説
 第2回 検索サーバ
   水島洋 
 連載・UIC薬学部における医薬品情報学教育 
 第2回 臨床医学論文の評価に関する教育方法
   加藤恵子  橋口正行  力久忠昭
 会員報告
 (資料)医薬品情報担当者(MR)による医薬品情報提供活動に対する病院薬剤師の意識調査 【PDF】
   鷹居正幸  坂井稔 
 HP紹介
 新聞記事データベースの利用~過去の薬事ニュースを検索する
   下平秀夫 【原文】
 総説(2) 
 インターネットの発祥と医療/医薬品情報の質的問題に関する一考察
   赤穂栄一 
 JASDIフォーラム・レポート 
 第2回インターネットにより提供される添付文書および安全性情報の活用
   下平秀夫

 

  資料タイトル   ダウンロードファイル
 目次   【PDF】
 編集後記  M.H. 【PDF】
本資料  医薬品情報学 第2巻 第1号.pdf
発行 医薬品情報学 第2巻 第2号 発行2000-06 ISSN1345-1464
巻数 第2巻
号数 第2号
概要
 グラビア
 福神(株)
 インタビュー
 大分医科大学臨床薬理学教授・中野重行氏に聞く:質の高い臨床試験の実施に向けて-日本の治験の現状とその課題
   インタビュアー 橋口正行 
 連載・PMS今昔
 第3回 処方-イベントモニタリング(Prescription-Event Monitoring:PEM)-保険薬局の立場から-
   三溝和男 
 連載・コンピュータ用語解説
 第3回 ファイアーウォール
   水島洋 
 連載・UIC薬学部における医薬品情報学教育 
 第3回 臨床研修およびレジデントプログラムにおける医薬品情報学の教育
   大野恵子  橋口正行  力久忠昭
 HP紹介
 全国の病院・医院の検索サイト
   下平秀夫 【原文】
 会員報告 
 (解説・資料)医薬品情報レポートシステムについて【PDF】
   小松幹彦  築館英雄  大塚尚武  岡本清司
 Review
 Drug Information Analysis Service (DIAS) at The University of California School of Pharmacy
   Gary M.McCart
 ワークショップ報告
 薬学領域における医薬品情報学教育の在り方に関する研究-最終報告案について-

 

  資料タイトル   ダウンロードファイル
 目次   【PDF】
 編集後記  M.H. 【PDF】
本資料  医薬品情報学 第2巻 第2号.pdf
発行 医薬品情報学 第2巻 第3号発行 2000-09 ISSN1345-1464
巻数 第2巻
号数 第3号
概要
 グラビア
 第3回日本医薬品情報学研究会総会・学術大会
 インタビュー
 大会実行委員会 上田志朗氏に聞く-第3回総会・学術大会を終えて
   インタビュアー 大森栄
 連載・PMS今昔
 第4回 医療用医薬品の再評価について
   山田明甫
 連載・コンピュータ用語解説
 第4回 コンピュータと通信
   水島洋 
 連載・ニューヨークにおける病院研修を通じて 
 第1回 米国における薬の適正使用と費用抑制のシステム
   早川友子
 連載・ゲノム科学と医薬品研究
 第1回 ミレニアム・プロジェクトと製薬企業の対応
   宮城島利一
 会員報告
 (教育)名城大学における医薬情報学実習 【PDF】
   矢野玲子  大津史子  稲垣員洋  榊原仁作
 HP紹介
 医療事故・過誤サイト
   下平秀夫 【原文】
 Review
 Self Medication:The Perspective from the United States
   John F.Inciardi
 フォーラム・レポート
 <第14回JASDIフォーラム>くすり相談室の現状と将来
   下平秀夫

 

  資料タイトル   ダウンロードファイル
 目次   【PDF】
 編集後記  K.A. 【PDF】
本資料  医薬品情報学 第2巻 第3号.pdf